taotronics(タオトロニクス)製おすすめ完全ワイヤレスイヤホン5選

この記事はこんな人におススメ
  • 完全ワイヤレスイヤホンでコスパの良い物が欲しい方
  • taotronics(タオトロニクス)って信頼できるブランドかどうか知りたい方
  • taotronics(タオトロニクス)製品が気になるが、何選んだら良いか分からない方

おはようございます。店主のカフカでございます。

前回の記事で、ANKER社製完全ワイヤレスイヤホンおすすめ5選と言う事でご紹介させて頂きました。

完全ワイヤレスイヤホンについてガッツリ調べて勉強したのですが、イヤホンの世界とても奥深いですね~。

そしてANKER製品を調べているといつも同時に目にするブランドがありました。

それが、

taotronics(タオトロニクス)

ここもコスパの良い高品質の完全イヤホンを出しているメーカーなのですが、

カフカ
カフカ

ANKER製品ほど情報が多くないんよね~。

特にtaotronicsのおすすめ製品をランキング形式で紹介したり、製品特徴をまとめ、比較しているサイトが見つかりませんでした。

本記事では完全ワイヤレスイヤホンに一定の知識を持つ私がこれらの内容について紹介・解説して参ります。

それでは、参りましょう!

目次

taotronics(タオトロニクス)ってどんなブランド?

まず、taotronics(タオトロニクス)について簡単に説明。

TaoTronics Japan

2007年にカリフォルニアで創業し、現在は中国の深圳(シンセン)に本社がある「SUNVALLEY GROUP」。

taotronicsはそこのオーディオ・家電ブランドとして2011年に設立された。

イヤホンなどのオーディオブランドのイメージが強い同ブランドですが、その他にも生活家電、ジム用品等も展開しているそうですよ。

これだけ聞いてると、ANKERとの共通点が多いですよね~。

カフカ
カフカ

ANKERも2011年カリフォルニアで創業し、本社は深圳。

「シリコンバレー」で起業して「アジアのシリコンバレー」に本社を構えるというのが一般的な流れなのでしょうか?

カフカ
カフカ

商品が競合するのも無理ないわなって思いました。

完全ワイヤレスイヤホンの選び方

完全ワイヤレスイヤホンの選び方は、音質以外にも以下の項目について知っておく必要があります。

  • Bluetootoothのバージョン
  • 対応コーデック
  • 対応プロファイル
  • 防塵・防水性能
  • ノイズキャンセリング/外音取り込み機能の有無
  • マルチペアリング/マルチポイント

これについては前回の記事で詳しく書いています。良かったら参考にしてみて下さい。

あわせて読みたい
ANKER(アンカー)おすすめ完全ワイヤレスイヤホン5選 おはようございます。 店主のカフカでございます。 私事で恐縮ですが、今さらながら楽天カードを作りました。 それでもらったポイントがなんと7,000ポイント!! 2,000ポ...

TaoTronics製おすすめ完全ワイヤレスイヤホン5選

ここからは私が完全なる主観で、taotronics社製のおすすめ完全ワイヤレスイヤホンを5選ランキング形式でご紹介して参ります。

それでは参りましょう!

第5位 SoundLiberty 94 (TT-BH094)

出典:taotronics.jp
製品名SoundLiberty 94 (TT-BH094)
発売日2020年9月4日
バッテリーANC オン(単体5H)/ANC オフ (単体8H)
ANC オン(合計20H)/ANC オフ (合計32H)
Bluetoothバージョン5.1
対応コーデックSBC/AAC
プロファイルA2DP / AVRCP / HFP
防水IPX4
イヤホン形状カナル型
ノイズキャンセリングハイブリッドANC、
外音取り込みモード : あり
充電方法USBType-C
イヤホン操作タッチセンサー
重量イヤフォン(左右各) : 5.3g 
充電ケース : 約44.5g
価格9,999円

この製品はなんといっても、アクティブノイズキャンセリングと外音取り込み機能の両方が搭載されているという事!!

カフカ
カフカ

音楽に没入したければ没入できるし、

まわりを気にしたければできる!

それでアンダー1万円はすごい!!

ただ、少し防水性能は弱いかな。どうもノイズキャンセリング搭載の完全ワイヤレスイヤホンは防水性能が弱い傾向にあるようです。

まぁ、全く防水がないというわけではないので水没しなければ問題ないと思います。

デザインは控えめでシンプル。シブいですね~。

第4位 SOUNDLIBERTY FREE”TT-BH1001

出典:taotronics.jp
製品名SOUNDLIBERTY FREE”TT-BH1001
発売日2020年10月9日
バッテリーイヤホン:約6時間・ケース:約40時間
Bluetoothバージョン5.0
対応コーデックSBC/AAC
プロファイルA2DP、AVRCP、HFP、HSP
防水 IPX6
イヤホン形状カナル型
ノイズキャンセリング無し
充電方法USBType-C
イヤホン操作タッチセンサー
重量イヤフォン(左右各):5.4g 充電ケース:33.6g
価格5,980円

こちらは後程紹介する「SoundLiberty 53」を店頭販売用に改良したものだそうです。

もともと「SoundLiberty 53」はネット専売モデルのようで、変更点は、

  • 中低域を厚めにチューニングし直した。
  • ケースが四角くなった。

中低域を厚めにチューニングし直した事で「JPOPなどのボーカル系やダンスミュージック系など、気持ちよくリスニングできる」とのこと。

正直、

カフカ
カフカ

違い、俺に分かるのかな~?

ってところです…。

価格は新しく出たせいか、「SoundLiberty 53」より若干高いんで、正直「SoundLiberty 53」で良いかなぁーって思います。

私的にはケースのデザインはこちらの方がコンパクトでカッコいい。

第3位 PURECORE TT-BH1003

製品名PURECORE TT-BH1003
発売日2020年8月7日
バッテリーイヤホン:約6時間・ケース:約20時間
Bluetoothバージョン5.0
対応コーデックSBC/AAC
プロファイルA2DP、AVRCP、HFP、HSP
防水IPX4
イヤホン形状カナル型
ノイズキャンセリングアクティブノイズキャンセリング
充電方法USBType-C
イヤホン操作タッチセンサー
重量イヤフォン(左右各): 6.5g 充電ケース:33.6g
価格9,980円

「完全ワイヤレスイヤホン」で検索上位のサイトに載ってたランキングでは、ANKERの「Soundcore Life P2」を抑えて堂々の1位になっていました。

とにかく絶賛されていたのは、

「アクティブノイズキャンセルの性能がすごい」

という点。

appleの「AirPods Pro」や

created by Rinker
Apple(アップル)
¥26,395 (2021/12/02 14:48:25時点 Amazon調べ-詳細)

sonyの「WF-1000XM3」

これらのようなハイエンドワイヤレスイヤホンにはかないませんが、十分な性能との事です。

そして、アクティブノイズキャンセリング機能がついて

アンダー1万円。

下手なイヤホンでも1万円以上の製品はゴロゴロしています。予算に余裕がある方はこの性能を存分に楽しめますよ~。

カフカ
カフカ

いいなぁ~。うらやましい!

第2位 SoundLiberty 97

出典:taotronics.jp
製品名SoundLiberty 97
発売日2020年11月13日
バッテリーイヤホン:9時間・ケース:36時間
Bluetoothバージョン5.0
対応コーデックAPT-X/SBC
プロファイルA2DP、AVRCP、HFP、HSP
防水IPX8
イヤホン形状カナル型
ノイズキャンセリング通話ノイズキャンセリング : cVc8.0
充電方法USBType-C
イヤホン操作タッチセンサー
重量イヤフォン(左右各):4.2g 充電ケース:29.9g
価格3,980円

この製品の最大の魅力は何と言っても、安い!!

最新の機能が付いていて4千円を切る価格!大丈夫?タオトロニクスさん!

  • とにかく安いイヤホンが欲しい!!
  • 4千円出すから、乗せれる機能全部詰め込んでくれ!!

そんな人に持って来いのこの製品。

唯一残念な点がコーデックがAACに対応していない事…。iphoneユーザーにはキツイなぁ~。

カフカ
カフカ

逆にaptXに対応しているので、

androidユーザーには神!!

そして、リモートワークで大活躍間違いなしの通話ノイズキャンセリング 「 cVc8.0」搭載。

(雑音が聞こえにくくなる「アクティブノイズキャンセリング」とは違います。)

カフカ
カフカ

相手にクリアに声を届ける事ができます。

そしてダメ押しの防水性能「IPX8」これ以上の防水性能は他のイヤホンで見たことありません。

カフカ
カフカ

間違いなく最強。

デザインも洗練されていてめちゃめちゃカッコいいですね。

第1位 SoundLiberty 53

出典:taotronics.jp
製品名SoundLiberty 53
発売日2020年3月30日(改善版)
バッテリーイヤホン:7時間 ケース:30時間)
Bluetoothバージョン5.2
対応コーデックAAC ,  SBC
プロファイルA2DP、AVRCP、HFP、HSP
防水IPX7
イヤホン形状カナル型
ノイズキャンセリング無し
充電方法Micro USB
イヤホン操作タッチセンサー
重量イヤフォン(左右各):5.4g 充電ケース:41g
価格4,999円

このモデルは2019年4月に「TT-BH053」として登場して以来、改良を重ねて今に至る超ロングセラー商品。

今もなお愛され続ける理由は、無駄のない必要十分な機能と価格の安さ

つまり、コスパ最強ってこと。

正直2位の「SoundLiberty 97」とかなり僅差でした。

そして、4位の「SOUNDLIBERTY FREE”TT-BH1001」とも機能的にはほぼ同じ。

ですが、私がtaotronicsで完全ワイヤレスイヤホンを選ぶとしたら、こちらの「SoundLiberty 53」でしょうね。

一見地味に見えるかもしれないこの商品ですが、iphoneユーザーの私にとっては対応コーデックAACが魅力。

Bluetoothのバージョンが5.2と最新なのも「どんな感じなんやろ?」って期待感をそそります。

後やっぱり、よく「耳うどん(耳からうどんが出てるみたい)」と言われるこのデザインですが、自分には未来感を感じるんですよ。

そしてタッチセンサーなのも未来感上乗せ。機能だけでは評価しきれない魅力をこの商品には感じてしまうんですよね~。

比較表

例によって、これまで紹介してきた製品の比較表を掲載します。

順位12345
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 71FQ4Oeel5L._SL1500_-1024x1024.jpg画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 61O6Cj4l06L._AC_SL1500_-1-1024x979.jpg画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 28af47065fe4458b06a124bb3ffc6656-819x1024.jpg画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 31GuvkO4pL._AC_.jpg画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 8f7aa958220a6f740e425e0ea11be3e7-scaled-1-788x1024.jpg
製品名SoundLiberty 53SoundLiberty 97PURECORE TT-BH1003SOUNDLIBERTY FREE”TT-BH1001SoundLiberty 94 (TT-BH094)
発売日2020年3月30日(改善版)2020年11月13日2020年8月7日2020年10月9日2020年9月4日
バッテリーイヤホン:7時間 ケース:30時間)単体:9時間・ケース:36時間イヤホン:約6時間・ケース:約20時間イヤホン:約6時間・ケース:約40時間再生時間 : ANC オン(単体5H)/ANC オフ (単体8H)ANC オン(合計20H)/ANC オフ (合計32H)
Bluetoothバージョン5.25.05.05.05.1
対応コーデックAAC ,  SBCAPT-X/SBCSBC/AACSBC/AACSBC/AAC
プロファイルA2DP、AVRCP、HFP、HSPA2DP、AVRCP、HFP、HSPA2DP、AVRCP、HFP、HSPA2DP、AVRCP、HFP、HSPA2DP / AVRCP / HFP
防水IPX7IPX8IPX4 IPX6IPX4
イヤホン形状カナル型カナル型カナル型カナル型カナル型
ノイズキャンセリング無し通話ノイズキャンセリング : cVc8.0アクティブノイズキャンセリング無しハイブリッドANC、外音取り込みモード : あり
充電方法Micro USBUSBType-CUSBType-CUSBType-CUSBType-C
イヤホン操作タッチセンサータッチセンサータッチセンサータッチセンサータッチセンサー
重量イヤフォン(左右各):5.4g 充電ケース:41gイヤフォン(左右各):4.2g 充電ケース:29.9gイヤフォン(左右各): 6.5g 充電ケース:33.6gイヤフォン(左右各):5.4g 充電ケース:33.6gイヤフォン(左右各) : 5.3g 充電ケース : 約44.5g
価格4,999円3,980円9,980円5,980円9,999円
比較表

まとめ

いかがでしたでしょうか。前回の記事から2回連続でコスパの良い完全ワイヤレスイヤホンをメーカーごとにご紹介して参りました。

い切る為、さらっと特にしっかり考えず目についたものを買おうと思ってましたが、

調べれば調べるほど奥が深い完全ワイヤレスイヤホンの世界…。

こうなったら、とことんいろんなイヤホンを調べて皆さんと情報共有させてもらいます。

それでは、行ってらっしゃいませ。

あわせて読みたい
ANKER(アンカー)おすすめ完全ワイヤレスイヤホン5選 おはようございます。 店主のカフカでございます。 私事で恐縮ですが、今さらながら楽天カードを作りました。 それでもらったポイントがなんと7,000ポイント!! 2,000ポ...
あわせて読みたい
ついに完全ワイヤレスイヤホン購入しました!!【おすすめイヤホンTao Tronics製「SOUNDLIBERTY FREE(TT... こんばんは、店主のカフカでございます。 先日、楽天ポイント5,000円分を何に使おうかと言う事で、 完全ワイヤレスイヤホンの記事を書きました。 https://bar-kafka.com...

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる