ついに完全ワイヤレスイヤホン購入しました!!【おすすめイヤホンTao Tronics製「SOUNDLIBERTY FREE(TT-BH1001)」商品レビュー】

こんばんは、店主のカフカでございます。

先日、楽天ポイント5,000円分を何に使おうかと言う事で、

完全ワイヤレスイヤホンの記事を書きました。

https://bar-kafka.com/anker/

https://bar-kafka.com/taotronics/

ついに私、

完全ワイヤレスイヤホンを購入致しました!

購入したのは、

じゃん!

Tao Tronics製「SOUNDLIBERTY FREE(TT-BH1001)

です。

確か、taotronics製完全ワイヤレスイヤホンの紹介記事で、

4位に選んでいたモデルだったと思います。

なぜ私がANKER社製の1位でも、taotronics社製の1位でもなく、

こちらのモデルを選んだが、不思議ではありませんか?

これからその質問にお答え致します。

また、実際に現物が手元に届き、

使ってみてどんな感じが商品レビューもご紹介していきます。

目次

なぜ「SOUNDLIBERTY FREE(TT-BH1001)」を選んだか。

なぜこの商品を選んだかについてですが、

箇条書きにすると以下の点が挙げられます。

  1. 楽天で価格が5千円以下だった。
  2. 充電ケースがコンパクトでデザインがカッコいい。
  3. No.1&最新ではないが、必要十分な性能。
  4. バッテリーの持ちが良い。
  5. 耳にフィットしやすいと口コミみつけた。

この商品を選んだ一番の理由は

値引きされていて、ポイントで買えたから!

これに尽きます。

もっともな理由を期待されていた方はごめんなさい…。

オープン価格で5,980円前後の商品ですが、

4,980円(送料・税込)

で売られているの楽天で見つけて即決でした。

モデル自体の性能・デザインは申し分ありませんでしたし、

製品名SOUNDLIBERTY FREE”TT-BH1001
発売日2020年10月9日
バッテリーイヤホン:約6時間・ケース:約40時間
Bluetoothバージョン5.0
対応コーデックSBC/AAC
プロファイルA2DP、AVRCP、HFP、HSP
防水 IPX6
イヤホン形状カナル型
ノイズキャンセリング無し
充電方法USBType-C
イヤホン操作タッチセンサー
重量イヤフォン(左右各):5.4g 充電ケース:33.6g
価格5,980円
仕様一覧

また、口コミで装着感に定評があったのもポイントでした。

完全ワイヤレスイヤホンはフィット感命だと思います。

何故なら、フィットしないと落ちるから。

店頭モデルですがこのご時世、

わざわざ試着しに行くわけにもいかないので、

口コミを100%信じることにしました。

実際届いてみてどうだったの?

開封した時の様子

実際に届いたのがこんな感じ。

おぉー。ついに届いた!

開けると…。

わくわくするね~。
おぉ~、カッコいい!
イヤーピースは4セット入ってました。

これまで見てきた写真の通り、

全てブラックの落ち着いたデザイン。

マットブラックにグロスブラックでロゴが入ってます。

流行のロードバイクのフレームみたいですね。

これはシンプルでカッコいいわ。

ケースとイヤホンは高級感ありますね。

よくイヤホンで言われる「安っぽいプラスチック感」は感じませんでした。

実際に使ってみて。

フィット感

実際に使ってみた感じは、

意外と耳の奥まで入らない。

これまで使ってきた有線のカナル型イヤホンは

耳栓みたいにしっかり奥まで入り、密閉してる感がありましたが、

そんな感じはしませんでした。

ちょっと落としてしまいそうで心配かも。

私の耳にはそんな感じになりました。

装着方法は、

  1. まっすぐ耳の穴にイヤーピースを挿入する。
  2. うどん部分(下の長い部分)を前側(顔側)にひねる。

こうすることで確かに外れはしなさそうです。

最近はイヤホンの長時間使用で、耳の中に湿疹ができるっていう話も聞きますんで、

このくらいのほどほどの密閉感で十分かもしれませんね。

操作感

操作感は申し分ないと思います。

このモデルはタッチセンサーを採用しているのですが、

感度も非常に良いので気に入ってます。

ただ、イヤホンの位置を調整したりちょっと触れただけで

認識してしまうのが難点。

これはタッチセンサー採用の宿命ですが、

特に冬、ニット帽を着用時に手を突っ込んだりすると

誤操作してしまいがちですね。

逆に手袋をしたままだと反応しないので、

いちいち外さないといけない。

こういう煩わしさが苦手な方は

ANKERが出している「Soundcore Life P2」をおススメします。

created by Rinker
Soundcore
¥4,999 (2021/12/03 09:28:07時点 Amazon調べ-詳細)

価格帯もちょうどバッティングしてますよー。

音質

あまり音には詳しくないですが、

正直感動しました。

完全ワイヤレスでこんなに音が良いなんて。

他の完全ワイヤレスイヤホンと聞き比べたわけではないのですが、

非常にクリアでまろやか(?)、ドンシャリ感はありません。

とても聞きやすいです。

使い勝手

とにかく、

ケースがコンパクトで持ち運びやすい!!

私は職場に小さいポーチを持ち込んでいるのですが、

コレの内ポケットにスッポリ納まる。

重さも気になりませんね。

ペアリングもスマホのBluetoothをONにすれば自動で行ってくれますし。

二回目以降は自動で勝手につなげてくれます。

自動ペアリングってホント便利!!

まだ使い始めたばかりなので、

操作方法の簡単さ、バッテリーの持ちはまだ検証中ですが、

気づいたことがあればこれから追記しますね。

使い勝手についてまとめると、

非常にシンプルで簡単。

説明書なしで感覚で使い始めれるんじゃないかな。

同梱物にクイックスタートガイドもありますから、

タッチ操作もコレで十分わかります。

まとめ

今回紹介した商品はコレです。

いやー、いい買い物できました!

買い物と言っても、楽天カードのポイントで全額支払ったんで、

実質タダですからね~。

皆さんも、そんなに高くないんで

有線イヤホンを卒業して完全ワイヤレスイヤホンに乗り換えてみませんか?

ワイヤレスの快適さは別世界ですよっ!

それでは、行ってらっしゃいませ。

あわせて読みたい
ANKER(アンカー)おすすめ完全ワイヤレスイヤホン5選 おはようございます。 店主のカフカでございます。 私事で恐縮ですが、今さらながら楽天カードを作りました。 それでもらったポイントがなんと7,000ポイント!! 2,000ポ...
あわせて読みたい
taotronics(タオトロニクス)製おすすめ完全ワイヤレスイヤホン5選 この記事はこんな人におススメ 完全ワイヤレスイヤホンでコスパの良い物が欲しい方taotronics(タオトロニクス)って信頼できるブランドかどうか知りたい方taotronics(...

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる