初心者大歓迎!釣りを始めてみよう!~道具編③~

目次

釣り竿と仕掛けとエサ以外に何が必要?

前回、前々回と超初心者向けのサビキ釣りをする為に必要な、

道具、釣りエサを紹介しました。

https://bar-kafka.com/entryfishing1/

https://bar-kafka.com/entryfishing2/

今回の記事では、

それ以外に釣りにおいて必要な物を

紹介します。

この記事を読めば、もう釣りに出かけられます。

それでは参りましょう。

ライフジャケット(救命胴衣)

ホントはこれが釣り道具の中で一番重要だと思います。

ライフジャケットです。

残念ながら、

どこの釣り場行っても着用している人は少ないですが、

万が一落水した時は命に係わります。

楽しい思い出を持って帰る為にも、

必ず着用してください。

お子さんを連れてく時も着用させてあげて下さい。

一つあると、海水浴や川遊び等

釣り以外の用途でも非常に重宝します。

クーラーボックス

まずはクーラーボックスです。

こちらは釣れた魚を冷やし、鮮度を保つ為に必要です。

釣り専用のカッコいいクーラーボックスが

釣り具メーカーからそれぞれ出されていますが、

とても高い!

正直、キャンプ用品などで見慣れていて、

一流ブランドの高価格商品があるのも知ってはいましたが、

それでも高く感じました。

それだけ釣りにおいてクーラーボックスの位置づけは

高いんでしょうね。

私は最初、こんなものを使っていました。

コレのひもが付いてない状態の物。

安価で済ませたかったのでこれを使っていたのですが、

やはり、持ち手が無いと持ち運びに非常に不便なので、

(特に荷物の多い時に肩掛けできるショルダーストラップは必須!!)

実家に眠っていたクーラーボックスを譲り受けました。

サイズは持ち運びに便利で十分な容量の

15L前後の物をおススメします。

一つあるとキャンプや行楽にも重宝しますよ。

また、サビキ釣りでターゲットとなる魚を上げると、

  • ・小アジ
  • ・小サバ
  • ・イワシ
  • ・サッパ(ママカリ)等

があげられます。

これらの小さい魚は釣り上げた後、

「氷締め」と言って、

氷を使って魚の鮮度を保つよう殺します。

「殺す」というと残酷ですが、方法が違えど

「釣り」にはこれが付いてまわります。

最後は美味しく食べてあげる為の

大事な作業ですので、覚悟してください。

やってるとそのうち慣れてきますよ。

その際、「潮水:海水に氷を入れて冷やしたもの」

を作るのですが、その際に必要な

氷、または保冷剤になります。

氷(保冷剤)

氷についてですが、私は保冷剤を買いました。

100均で小さめの物が売られているので、

これを4つ。

魚のひれや衝撃などで中身が出てしまうのを想定して、

私はハードタイプの物を持っています。

ご家庭の製氷機で作った氷を持って行かれるのも良いでしょうが、

量が必要でたくさん使って置いておくと、

冷凍室場所無い問題が発生し家族からひんしゅく買います…。

コンパクトに、しかも後片付けが楽なおススメなのが、

ペットボトルに水を入れて凍らせる。

です。500mlのペットボトル4本くらいあれば

十分かと思います。

それでも場所問題が発生する場合は、

何とか奥さんに交渉してみて下さいw。

水くみバケツ

これも「潮水」を作るのに必要な海水を汲むバケツです。

海に投げ入れると、反転して中に水が入ります。

ヒモが付いているので、これでバケツを引き上げることができます。

コレが一つあると、

手が汚れた時に洗う事も出来ますし、

釣った魚を一時的に生かして保管もできます。

またキャンプの時にもバケツは重宝しますので、

マストアイテムですね。

はさみ

ハサミもマストアイテムです。

よく小さめのハサミが良いと言われていますが、

私はこのようなキッチンばさみを使用しております。

しかも100均の物。

ハサミの用途は

  • ・釣り糸を切る
  • ・エサを切る
  • ・魚を切る(締める)等

です。

最初は事務用のハサミを使っていましたが、

虫エサを切るときにキッチンばさみに替えました。

(サビキ釣りでは必要ありませんが…。)

虫エサも生きたまま切る事になりますんで、

なるべく苦しませたくないということで、

キレ味よくスパッと切れるキッチンばさみをおススメします。

(本当に釣りは生殺与奪が付いてまわります…。)

大は小を兼ねるということで、非常に多用途に活躍しています。

それにしても、釣りを新しく始める人にとって、

100均ショップはマジで神です!

まとめ

これで必要最低限のアイテムが揃いました!

他にもあったら便利な物はありますがそれはまた次の機会に。

もしよかったら、一度紹介した装備で出かけてみて、

あったら便利な物を買い足していくというのが良いのでは?

装備は少なめで身軽な方がいいですし、

最初に買い揃えてしまうと自分にとっては不必要な物まで買ってしまい、

荷物だけ増えます。

皆さん独自の釣りスタイルを見つけてみて下さい。

これを導入として、今後皆さんと

釣りの話ができるのを楽しみにしています。

それでは、行ってらっしゃいませ。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる