ANKER(アンカー)おすすめ完全ワイヤレスイヤホン5選

おはようございます。

店主のカフカでございます。

私事で恐縮ですが、今さらながら楽天カードを作りました。

それでもらったポイントがなんと7,000ポイント!!

2,000ポイントは先述したとおり、ワイヤレスマウスの購入に充てました。

https://bar-kafka.com/mouse/

残ってるのは5,000ポイント。

さて何買おう?

そうだ、ワイヤレスイヤホン買おう!

となりました。

ワイヤレスイヤホンはいちいちコードに煩わされることもなく、非常に便利!!

有線のイヤホンを使用している人にはとても魅力的ですよね。

でも、こんな方多いのではありませんか?

  • 有名メーカーのワイヤレスイヤホンは高い!!
  • 知らないメーカーのワイヤレスイヤホンはお値打ちだが心配。
  • どんな基準でワイヤレスイヤホン選んだら良いの?

この記事を読むとそんなお悩みが解消できます。

私もワイヤレスイヤホン購入に当たり色々調べました。

是非得た知識を共有させて下さい!

それでは、記事に参りましょう!

目次

ワイヤレスマウスのメリットとデメリット

ここにきて改めてワイヤレスイヤホンのメリットとデメリットを再確認します。

メリットについては、

なんといってもコードが無いことによる

取り回しの良さ、使いやすさです。

コードにつながれている事の煩わしさから解放されるのは、

本当に別世界。

デメリットについては、

充電の必要があるという点です。

それでも、コードに煩わされずに

どこでも使えるというのはノンストレスで。

充電のデメリットなんて気になりません。

ワイヤレスイヤホンの選び方

ワイヤレスイヤホンにも種類があるって知ってた?

ワイヤレスイヤホンの中には大きく4種類あるって知ってました?

その4種類というのが以下です。

  1. 完全ワイヤレスイヤホン
  2. 左右一体型ワイヤレスイヤホン
  3. 骨伝導ワイヤレスイヤホン
  4. 片耳ワイヤレスヘッドセット

それではこれらについて詳しく説明していきます。

完全ワイヤレスイヤホン

iphoneやウォークマン等の本体と無線でつなげられるのはもちろん、

左右のイヤホン同士もケーブルでつながれていないものを指します。

「完全ワイヤレスイヤホン」とは別に、

「左右独立型イヤホン」「トゥルーワイヤレスイヤホン」「フルワイヤレスイヤホン」

「TWS(True Wireless Stereo)」と呼ばれることもあります。

出典:amazon.co.jp

メリット

  • ケーブルが無く快適
  • 断線の心配なし

デメリット

  • 落とす可能性あり
  • 接続が安定しないことも

ワイヤレスイヤホンと聞いて真っ先に思い浮かぶのが

このタイプのイヤホンではありませんか?現在主流になりつつあるタイプです。

メリットとしてはまず、全くケーブルが無く快適。

そしてケーブルがすべて取り払われているので、断線の心配もありません。

デメリットとしては一個一個別々なので、落としてなくしやすい点。

まぁ、このデメリットは宿命ですよね。

左右一体型ワイヤレスイヤホン

iphoneやウォークマン等の本体と無線でつなげられますが、

左右のイヤホンはつながれています。

「左右一体型ワイヤレスイヤホン」と言います。

出典:amazon.co.jp

メリット

  • 価格が比較的お値打ち
  • 接続が安定する

デメリット

  • 断線のリスクあり
  • 擦れによる雑音が気になる

メリットとしては、

比較的安価で手に入れる事ができます。

左右がケーブルでつながれているので

接続は安定し、完全ワイヤレスイヤホンほど無くしにくいです。

デメリットとしては、

断線のリスクがあります。

また、ケーブルの擦れによる雑音(タッチノイズ)が気になります。

ワイヤレスイヤホン初心者の方には導入しやすいかもしれません。

骨伝導ワイヤレスイヤホン

こちらは最初聞いた時、かなり特殊なイヤホンだなって思いましたが、

今はamazonなんかでも結構売られているんですね。

仕組みは読んで字の通り骨(頭蓋骨)を通して内耳を震わせて、

脳に音を届けるんだそうです。

聞くとちょっと怖い感じしますが、人体に悪影響はないそうですよ。

出典:amazon.co.jo

メリット

  • 耳を塞がないので開放的
  • 耳を塞がないので危険を察知しやすい

デメリット

  • 周りに音漏れしやすい
  • 周りの雑音も聞こえやすい

まずメリットについては、耳を塞がないことによる快適さですね。

イヤホン付けてると、耳が痛くなったり、痒くなったりする人におすすめ。

また、塞がないので耳は音を拾います。

その為周りの危険を察知しやすいです。

(運動中、運転中の使用はおすすめしませんが)

デメリットは音漏れしやすい事。

また、耳を塞がないことによる遮音性の低さも挙げられます。

片耳ワイヤレスヘッドセット

これはよく、長距離ドライバーの人が付けてるのを見かけるのではありませんか?

Bluetooth関連の商品が出始めた時、

真っ先に出てきたのがこのようなヘッドセットのような気がします。

これはマイクと一体型のヘッドセットなので、厳密にはイヤホンとは言えないかもしれませんが。

出典:amazon.co.jp

メリット

  • マイクも付いててコンパクト
  • 通話に最適

デメリット

  • 音楽鑑賞には不向き

これはやっぱりマイクが付いてることから、通話に最適ですね。

コロナ禍でリモートワークしてる方、ドライバーの方なんかにおすすめ。

ただ、通話特化型なので

「音楽鑑賞の為に使うから、マイクは要らんよ」

という方には不向き。片耳でしか聞けないですしね。

Bluetoothのバージョンで選ぶ

Bluetoothにはバージョンが存在するそうです。

このバージョンによって、省電力性、通信速度に違いが出てきます。

音質には違いは無いそうですよ。

現行のイヤホンはほとんどがバージョン4.0以降に対応しているそうなので、

それらのバージョンについて一覧表にします。

バージョン 特徴
ver4.0従来のバージョンより大幅な省電力化
家電製品などに搭載されたセンサーとのデータ通信向け
ver4.1 端末との通信干渉を抑制、データ転送の効率化、
自動再接続機能、直接インターネット接続機能、
同時に2台接続できる機能などの追加
ver4.2端末との通信速度が最大2.5倍に高速化
消費電力の抑制
ver5.0 Ver4.0よりデータ転送速度が最大2倍に高速化
ver5.1方向探知機能を追加
出典:e-earphone.jp

対応コーデックで選ぶ

続いて、ワイヤレスイヤホンにはコーデックに違いがあります。

カフカ
カフカ

ん?コーデックって何?

コーデックとは音楽のファイルを圧縮するために使われるソフトや方式のことをいいます。

カフカ
カフカ

うーん?で、コーデックで何が変わるの?

コーデックによって、音質や音の遅延に違いが出てきます。

コーデックについては以下に一覧表を載せます。

コーデックの名前特徴簡単な説明
SBC遅延を感じる。標準的な音質A2DP対応のワイヤレス製品すべてが必ずSBCに対応している
AACSBCより遅延が少ない。データの変化が少なくSBCよりも高音質iPhoneで主に対応しているコーデック
aptXSBC,AACより遅延が少ないCD音源相当(48KHz/16bit)の高音質再生が可能Androidで主に対応しているコーデック
aptX HDハイレゾ相当(48kHz/24bit)の高音質再生が可能SBC、AAC、aptXを上回る高音質コーデック
aptX LLaptXよりさらに遅延が少ない。40ミリ秒未満という低遅延を実現音楽ゲームができるほどの低遅延コーデック
LDACハイレゾ相当(96kHz/24bit)の高音質再生が可能Android8.0以降で主に対応しているaptX HDを上回る高音質コーデック
出典:e-earphone.jp

コーデックはプレイヤー側・イヤホン側双方に対応していないとダメです。

例)プレイヤー側SBCのみ対応。イヤホン側SBC、AAC、aptXに対応の場合SBCで再生。

対応プロファイルで選ぶ

「プロファイル」とはそのワイヤレスイヤホンで何ができるかを定めた規格です。

つまり「プロファイル」を見れば、そのワイヤレスイヤホンの機能が分かります。

下が一覧です。

プロファイル特徴
A2DP主に音声データをBluetoothイヤホンに送るためのプロファイル
AVRCP再生や停止、スキップや早送りなど、リモコン操作を行うためのプロファイル。
HSPスマートフォンとヘッドセットを接続して、モノラル音声のやり取りが可能。音楽を聴くだけでなく、通話が可能。
HFPHSPの機能に加え、通話開始操作などもハンズフリーで機能を使用できます。
出典:e-earphone.jp

防塵・防水対応で選ぶ

ワイヤレスイヤホンのような精密機器って、

基本水濡れ禁止だと思うじゃないですか。

でも、意外なことに、防塵・防水機能を兼ね備えた物が多くラインナップされているんですよ。

ちなみに、防塵・防水機能の目安はIP(International Protection)

で示されています。

見方はこうです。

「IP25の場合、防塵レベルが2、防水レベルが5

「IPX5の場合、防塵レベルが無し、防水レベルが5

という感じですね。

ノイズキャンセリング/外音取り込みで選ぶ

ワイヤレスイヤホンでも高価格帯の商品に搭載されていることの多い

ノイズキャンセリング

周りの雑音が聞こえてこなくなる機能です。

仕組みはイヤホンのマイクが雑音を取り込み、

雑音と逆(位相)の音を音楽と一緒に流すことで、

雑音を相殺させ聞こえなくさせるそうですよ。

逆に周りの雑音が聞こえないと不安という方向けに

外音取り込みの機能を持ったイヤホンも出ているそうです。

マルチペアリング/マルチポイントで選ぶ

マルチペアリングとは複数の機器を同時に登録できる機能です。

ただ、複数の機器を同時に接続することはできません

マルチポイントとは複数の機器を同時に登録でき、

且つ2つの機器を同時に接続することができます

おすすめANKER製完全ワイヤレスイヤホン5選

今回は私の主観で、ANKER製ワイヤレスイヤホン5種をランキング形式で選んでみました。

それでは参りましょう!

第5位 Soundrcore Liberty 2 9,990円(税込)

出典:ankerjapan.com
製品名Soundrcore Liberty 2
発売日2019年11月20日
バッテリーイヤホン単体8時間 ケース32時間
Bluetoothバージョン5.0
対応コーデックSBC、AAC、aptX
プロファイルA2DP、AVRCP、HFP
防水IPX5
イヤホン形状カナル型
ノイズキャンセリングあり(通話のみ)
充電方法USBtypeC
イヤホン操作タッチセンサー
重量充電ケース込63g
価格9,990円
製品仕様

こちらの商品は、あとで紹介する「Soundrcore Liberty Air 2」とほぼ同時期に出たモデルになります。

タッチセンサーでイヤーピース部分の赤がアクセントになっていて非常にカッコいいデザイン。

トータルに見て1万円を切る値段も魅力的ですよね。

第4位 Soundrcore Liberty 2 Pro 14,380円(税込)

出典:ankerjapan.com
製品名Soundrcore Liberty 2 Pro
発売日2019年10月25日
バッテリーイヤホン単体8時間 ケース32時間
Bluetoothバージョン5.0
対応コーデックSBC、AAC、aptX
プロファイルA2DP、AVRCP、HFP
防水IPX4
イヤホン形状カナル型
ノイズキャンセリング無し
充電方法ワイヤレス、USBtypeC
イヤホン操作物理ボタン
重量充電ケース込70g
価格14,380円
仕様一覧

こちらは先ほど紹介した「Soundrcore Liberty 2」の上位機種。

どの口コミを見ても非常に音質に定評があります。

なんと、グラミー賞受賞者10名推薦だそうです。

出典:ankerjapan.com

第3位 Soundrcore Liberty Air 2 7,999円(税込)

出典:amazon.co.jp
製品名Soundrcore Liberty Air 2
発売日2019年11月27日
バッテリーイヤホン単体7時間ケース28時間
Bluetoothバージョン5.0
対応コーデックSBC、AAC、aptX
プロファイルA2DP、AVRCP、HFP
防水IPX5
イヤホン形状カナル型
ノイズキャンセリングあり(通話のみ)
充電方法ワイヤレス、USBtypeC
イヤホン操作タッチセンサー
重量充電ケース込53g
価格7,999円
仕様一覧

デザイン、カッコよさで言ったらこれが一番だと思います。

ケースに収納する感じもスタイリッシュでコンパクト。

取り出しの時に、持ち変えることなく耳に挿入できるのも魅力ですね。

一番の魅力はタッチセンサー採用。

物理ボタンの方が安心という方も多いかと思いますが、

タッチセンサーの未来感は買い得感満たせますよね~。

第2位 Soundrcore Liberty Neo 4,999円(税込)

出典:ankerjapan.com
製品名Soundrcore Liberty Neo
発売日2019年8月23日
バッテリーイヤホン単体5時間ケース20時間
Bluetoothバージョン5.0
対応コーデックSBC、AAC
プロファイルA2DP、AVRCP、HFP
防水IPX7
イヤホン形状カナル型
ノイズキャンセリング無し
充電方法Micro USB
イヤホン操作物理ボタン
重量充電ケース込51g
価格4,999円
仕様一覧

こちらはなんといっても価格が超魅力的。

必要十分な機能が付いてこの価格はすごいですよね。

正直無メーカーのワイヤレスイヤホンもこのくらいの価格で出てる物もあるので、

それに比べたら安心度合が断然違います!

第1位 Soundrcore Life P 2  4,999円(税込)

出典:ankerjapan.com
製品名Soundrcore Life P2
発売日2019年11月6日
バッテリーイヤホン単体7時間 ケース40時間
Bluetoothバージョン5.0
対応コーデックSBC、AAC、aptX
プロファイルA2DP、AVRCP、HFP
防水IPX7
イヤホン形状カナル型
ノイズキャンセリングあり(通話のみ)
充電方法USBtypeC
イヤホン操作物理ボタン
重量充電ケース込62g
価格4,999円
仕様一覧

1位は「Soundrcore Life P 2」!!

物理ボタン採用で使いやすいのも魅力ですが、

Androidスマホを使用の方はコーデックがaptXに対応しているのはうれしいですね。

後、ケースを使用して再生最大40時間可能というロングバッテリーはすごい…。

音楽を聴くときのANC(アクティブノイズキャンセリング)ではありませんが、

通話音声をクリアにする「cVc8.0ノイズキャンセリング機能」も付いています。

最近のリモートワークでは重宝するのではありませんか?

zoom会議でこんなイヤホンしていたら、デキるビジネスマンを演出できますよ!

それがアンダー5千円で手に入る!!

これはもう買いでしょう!!

created by Rinker
Soundcore
¥4,999 (2021/12/03 09:28:07時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ

上記で紹介した製品を一覧表にまとめました。

順位12345
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: A3919001.jpg画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: A3911001-1024x1024.jpg画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 61mlqxZ6dvL._AC_SX522_.jpg画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: A3909001.jpg画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: A39130001.jpg
製品名Soundrcore Life P2Soundrcore Liderty NeoSoundrcore Liderty Air 2Soundrcore Liderty 2 ProSoundrcore Liderty 2
発売日2019年11月6日2019年8月23日2019年11月27日2019年10月25日2019年11月20日
バッテリーイヤホン単体7時間 ケース40時間イヤホン単体5時間ケース20時間イヤホン単体7時間ケース28時間イヤホン単体8時間ケース32時間イヤホン単体8時間 ケース32時間
Bluetoothバージョン5.05.05.05.05.0
対応コーデックSBC、AAC、aptXSBC、AACSBC、AAC、aptXSBC、AAC、aptXSBC、AAC、aptX
プロファイルA2DP、AVRCP、HFPA2DP、AVRCP、HFPA2DP、AVRCP、HFPA2DP、AVRCP、HFPA2DP、AVRCP、HFP
防水IPX7IPX7IPX5IPX4IPX5
イヤホン形状カナル型カナル型カナル型カナル型カナル型
ノイズキャンセリングあり(通話のみ)無しあり(通話のみ)無しあり(通話のみ)
充電方法USBtypeCMicro USBワイヤレス、USBtypeCワイヤレス、USBtypeCUSBtypeC
イヤホン操作物理ボタン物理ボタンタッチセンサー物理ボタン物理ボタン
重量充電ケース込62g充電ケース込51g充電ケース込53g充電ケース込70g充電ケース込63g
価格4,999円4,999円7,999円14,380円9,990円
比較表

やっぱり、ANKERのコスパは恐ろしいですねっ。

今回は、5,000円分のポイントを使うつもりでイヤホンを選んでいたので、

どうしても1位と2位をそれで納まる感じで選んでしまいました。

ですが、やっぱり私がこの中で購入するとしたら、

「Soundrcore Life P 2」

出典:ankerjapan.com

ですね。

やっぱり、この形状に憧れがあるんですよ。

アップルの「Air Pods」みたいじゃないですか。

それでいてコスパ最高と聞いたら。

しかし、イヤホンって本当に奥が深い!

今回いろいろ調べて見て、まだまだたくさんのイヤホンがあることを知りました。

これから他のメーカーのイヤホンも調べて見て、

最終的に決めたいと思います。

皆さんも最高のイヤホンに巡り合えるといいですね。

それでは、行ってらっしゃいませ。

あわせて読みたい
ついに完全ワイヤレスイヤホン購入しました!!【おすすめイヤホンTao Tronics製「SOUNDLIBERTY FREE(TT... こんばんは、店主のカフカでございます。 先日、楽天ポイント5,000円分を何に使おうかと言う事で、 完全ワイヤレスイヤホンの記事を書きました。 https://bar-kafka.com...
あわせて読みたい
taotronics(タオトロニクス)製おすすめ完全ワイヤレスイヤホン5選 この記事はこんな人におススメ 完全ワイヤレスイヤホンでコスパの良い物が欲しい方taotronics(タオトロニクス)って信頼できるブランドかどうか知りたい方taotronics(...

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる